流行遅れや使わなくなったブランド品は買取りしてもらって、新たなオシャレアイテムを購入する資金にしたい方もいますよね?ここではブランド買取店を利用する上で、少しでも得をするための方法をご紹介していくので参考にしてください。

ブランド買取で満足するためのコツ

大切なブランド品を手放すのですから、できる限り高値で買取って欲しいと考えるのが当たり前です。こちらでは少しでも買取額を上げたい方に向けて、注意するとよいポイントをお伝えしますので、売却時に参考にしてもらえると嬉しく思います。

ブランド品買取りをお願いする各種方法

買取店に自身で持っていくメリットとデメリット

買取店に持っていくメリットは、何と言ってもすぐに現金化できることです。売りたい物を渡して、数十分程度で現金に変わるのは魅力的です。物を売る手段はネットオークション等がありますが、いつ売れるか分から…

買取店のスタッフに自宅まで来てもらうメリットとデメリット

自宅まで来てもらうメリットとしては、商品を持ち込む手間が省けるというところです。自宅に居ながらにして見積もりや買取のサービスを受けることができます。また、大量の商品や、大きな商品を売りたい時に便利…

高価買取が実現するブランド買取はこれ

高価買取が実現するブランド買取は、ブランドの買取強化月間を狙うことと纏め売りときれいな状態での買取委託の3つです。

買取店へ運送会社を利用して送るメリットとデメリット

手軽に送れるのがメリット

運送会社を利用して買取店にブランド品を送るのは手軽なのがメリットです。店頭に持ち込むのと違って店舗が遠くても問題はありません。売りたいブランド品が多いときにも運ぶのが大変ではなく、運送会社にトラックに乗せて行ってもらえるのが魅力です。自宅に集荷に来てもらうなら日時を指定することができるので、普段から家にいる時間帯が決まっている人にはさらに便利でしょう。コンビニなどで宅配便を依頼すれば良いだけの場合もあり、24時間、いつでも自分の都合が良いときに送ることもできます。買取の際に店員や査定員と対面でやり取りをする必要もないので、交渉が苦手という人も安心してブランド品を買い取ってもらえるのもメリットでしょう。

トラブルのリスクがあるのがデメリット

運送会社を利用するデメリットはトラブルのリスクがあることです。まず、運送中にブランド品が傷ついてしまったり紛失してしまったりするリスクがあります。紛失の場合には運送会社に責任を問うことができるものの、運んでいるときに少し傷ができて査定価格が下がったという場合に、本当に運送中に起こったものなのか、梱包中に起きたミスなのかを区別するのは困難です。一方、自分の目の前で査定をしてもらうわけではないので、査定員がうっかり落として汚れてしまったというようなケースでも責任をなすりつけられてしまうリスクがあります。信用できる対応をしてくれる買取店を相手にしないと買取価格が下がる可能性もないわけではありません。